自然体験を学ぶことのできる
古民家カフェ
赤井川山荘

こんにちは。山の会ニングルです。

山岳会の設立は2017年7月と間もないですが、環境教育の活動は2006年7月にはじめました。弊会の特色として活動が多岐にわたり、復興ボランティアへの参画、子ども自然体験キャンプなど、山岳会にとらわれない会員さまの思いを一丸となって形にしています。敏腕のコーディネーターが個人登山のアドバイスも積極的に行なっており、登山へ向けたトレーニング、体質改善、ダイエット指導をいたします。


大雪山・幌尻岳・南アルプス


ネパール・ランタン谷

主だった山域 ネパールトレッキングを積極的に行なっています
北海道 大雪山、十勝連峰、知床連山、利尻山、幌尻岳
南アルプス 主稜線
屋久島 奥岳
ネパール アンナプルナ、ランタン

雪崩事故防止講習会、自然体験活動フォーラムの参加など刻々と変わる安全対策のスキル向上に努めます。


水辺の体験活動 とかち


廃校した小学校で行なった プレパーク さっぽろ


礼文島自然学校 子どもキャンプ


環境・復興イベントに参画

弊会の紹介はここまでといたしまして、自然体験を学ぶことのできる古民家カフェを駒ヶ岳の山麓ではじめることになりました。野外体験学習の機会を提供してきた10年以上の実体験を活かして親空間を築いていきます。これまでいろんな子どもたちに向けた野外活動を北海道で展開してきましたが、いままで参加されたお子さまの親御さんを繋ぐ仕組みを築くことができずにいました。このカフェを開業することによってその課題を解決する路が開けます。また滞留を育む空間を築くことによって自然と会話が生まれるオアシスとなって、オルタナティブをモチーフにした自然体験活動からつながる輪をもっともっと拡がりをみせます。また函館にも近いので本道と本州の玄関口としてご活用なされたり、引き続き自然体験のご相談を、こんな野外体験をしてきましたという話しもお聞かせください。

ご挨拶いたします。

東日本大震災以降、各地の現場(福島県・岩手県・宮城県)を歩いてきた結果、過度なストレスと無理がかなりたたり、頸椎症にかかり治る見込みがないと医師と話し、勧めによって障害者認定の結果を待つことになった。現代社会ストレスがなくなるとは思えないが度が過ぎたため手傷を負った。

障害と一生つきあう覚悟と正直まだ向き合えていない自分がココにいますが、会話を生むことで忘れてしまいたい過去を封じる力はあると思っている。

旅好きが高じて山小屋や民宿、ユース・ホステルなどのスタッフであったこともある。リピーターとよく呼ばれる人は、会話を楽しみに来られている人が多かった。無理に話をすすめるのではなく話しやすい和はいつも気にかけていた。

海外の旅暮らしが長くいくら慣れているとはいえ、つい気が抜けてしまい思わぬ災難に巻き込まれたこともあった。そんなとき気をおちつかせてくれたのは珈琲やチャイであった。

Narayan Thapa (NEPAL)
Take a good care of yourself and health that is important my dear Friend Wataru San.

どこの国でも良い人もいるし悪い人もいるからと、いつも教えてくれる。ビザの関係で来日は非常に困難のため、またときをみてネパールのカトマンズへナラヤンさんを訪ねに行きます。

これからの自分とも共に向き合いながら思いを形にしていくためにも赤井川山荘をはじめていきます。


自然体験を学ぶことのできる古民家カフェ 2019年秋開業予定

完成のあかつきにはみなさまお気軽にお立ち寄りください。
みなさまのご支援をお願いします。


北海道茅部郡森町赤井川 ご近所さま